みなとみらい ごはん部 | みなとみらいの"食"と"人"をつなぐ

Calendar

【終了しました】4,860円 / みなとみらい発酵部〜菌の世界へ旅立とう!「日本人のソウルフード みそ / みそづくりをしてみよう」

2017-05-14 (日) 13:00~15:00

2017年4月、みなとみらいごはん部から新講座『みなとみらい発酵部』がスタートしました!
講座名『みなとみらい発酵部〜菌の世界へ旅立とう!』
IMG_4829.jpg IMG_4826.jpg
《終了しました》第一回:4月9日(日)13:00-15:00「日本国菌 麹菌 / 和の発酵の基本。糀を作れるようになろう!」
・発酵とはなにか?発酵の基礎メカニズムを学ぶ
・発酵箱づくり〜自宅で継続的に糀が作れるように、糀作りキットを作ります
・糀づくり〜お米を蒸して、種麹をかけて、新世界を創造する
IMG_4911.jpg IMG_4926.jpg
第二回:5月14日(日)13:00-15:00「日本人のソウルフード みそ / みそづくりをしてみよう」
ピクニックシートを敷いて、茹でた大豆をビニール袋に入れ、発酵盆踊り唄を歌い踊りながら、ビニールの豆を潰していきます♩
《当日の内容》
座学40分・味噌の歴史と地域の文化を学ぶ(味噌料理レシピブック付き)
実習40分・三種類の味噌をつくり比較
*持ち帰り量の目安は、無農薬青大豆味噌 500g / 小豆味噌 500g / ひよこ豆の白味噌500gの計1.5kgとなります。
《試食》
講師が作った青大豆味噌、ひよこ豆の白味噌、山椒の木の芽をすりこんだ木の芽味噌味噌、そして、第四回に開催予定のふなずしを少しずつ味見していただく予定です。
《第一回にご参加いただいた方へ》
ご自身で育てた糀を350g程度ご持参ください。
ご自身で育てた糀を使っていただくとさらに糀たっぷりの、風味豊かで甘口な倍糀味噌ができあがります。


第三回:6月11日(日)13:00-15:00「糀菌生活応用編」
・糀を使って、塩糀、醤油糀、三升漬け、甘酒、発酵甘酒、糀コスメづくりなどを行います。
・料理への応用。発酵からあげ、豚の醤油糀ハム、甘酒づけ(べったらづけ)の作り方などをレクチャー
 
第四回:7月9日(日)13:00-15:00「日本最古の発酵食 ふなずしを作ってみよう」

第五回:7月23日(日)13:00-15:00<卒業回>「日本が誇る神の雫。日本酒。 ゲスト:寺田本家24代目当主 寺田優×鈴木大輝 発酵クロストーク」
・酒粕料理レシピ紹介
・酒粕料理と寺田本家自然酒、みなさんの持ち寄り発酵食で卒業大宴会!

【参加費】1回 税込 4,860円(持ち帰り付)
【会場】BUKATSUDO(横浜市西区みなとみらい2丁目2番1号 ランドマークプラザ 地下1階)
【受付】10分前の12:50より受付致します。
【持ち物】糀を包むふきん(または手ぬぐい)、筆記用具、あとは菌を愛する心。
【定員】12名(先着順)

【講師】鈴木大輝(発酵わくわく大使 / 「発酵居酒屋5」料理長

鎌倉で生まれ育ち、韓国人で食道楽の祖父からスッポンの捌き方から鶏の締め方まで、食宴にまつわる色々な事を教わり17歳から料理の世界に。バックパッカー旅の果てに鎌倉にて、発酵と韓国料理の飲食店「発酵コリアンカフェもわ」を開業。
5年後、カフェカンパニー株式会社の楠本社長にスカウトされ、表参道にて「発酵居酒屋5」の料理長として日々、発酵の宴席をプロデュースしつつ、発酵わくわく大使として、糀菌を主に、酵母菌や乳酸菌など数え切れないほどの菌の生活支援のため、大いに使わされる毎日を送っています。
また、唄と踊りで発酵する「イマジン盆踊り部」の賑やかし屋として、世界に喜びの輪を作っています。

daikisuzuki.jpg